就職活動のためのインターンシップ


「インターンシップに参加するにあたって留意したいこと」

「しっかりインターンシップを体験してきた学生は、面接に臨んで未体験の学生と対応がまるで違う。こちらが求めていることに対してブレなく聞きたいことが返ってくる。思わず一緒に働きたくさせられてしまう」と人事担当者が口をそろえて強調する。


漠然とインターンシップに参加するだけでは、何の役にも立たない。ビジネスの仕組みとかビジネスコミュニケーションがどうなっているのか意識して触れることである。


トップページで、就職活動はビジネス活動の前哨戦であり、インターンシップは就職活動へのステップボードであると述べてきた。学生生活と異なり、ビジネスの現場は人とのかかわり即ち連係プレーで動いている。パートナー、チームメイトから顧客まで、相手が何を考え、何を求めているか、常に的確な状況判断が求められる。そこのところをしっかり垣間見ることである。


インターンシップに参加するにあたって、大手企業、知名度の高い企業へと目移りしやすい。当初から就職先と決めた企業であればいざ知らず、ビジネスの何たるかを見てやろうとするとき、企業名に踊らされるのは良し悪しだ。大手企業の組織、中小企業の経営戦略、ベンチャー企業の視点などそれぞれに吸収することはいっぱいある。様々な業態のそれもいろいろな形態の企業を貪欲に体験することだ。


就職活動に向けた実践的なインターンシップに参加するにあたっての留意点を述べてきたが、インターンシップ本来の目的である自分の「生き方」の模索や職業観」の育成も忘れてはなるまい。


次頁⇒インターンシップとアルバイトの違い
前頁⇒インターンシップはいつから始めればいいか



黒住皓彦 著書
就活は自分を売り込む商談だ
ダイヤモンド社
書店・大学生協にてご注文ください。
または大学図書館・市町村の図書館等でお借りください。